Debianサーバー構築奮闘記

Debianを使って、主にサーバー構築を学んでおり、その備忘録です。基本的に自分用なので、用語とか(特にネットワーク関係)はそのままです。疑問とか、書き殴って放置しておくこともありますが、解決次第追記していきたいと思います。

<C841M> Ciscoルーター 基本操作

●コンフィグファイルの保存・バックアップ(TFTP)
 
・PCでTFTPサーバー立ち上げる(TFTPDを使用)
設定:
Current Directory:バックアップファイルを保存するフォルダを選択
Server Interface:ルーターにつなげてるLANポートを選択(IPアドレスもちゃんと設定する)
 
 
・動作中の設定をnvramに保存
#copy running-config startup-config
で、再起動とかしても設定が保存される。
 
 
・バックアップの実行コマンド
#copy startup-config tftp
Address or name of remote host ?(TFTPサーバーのIPアドレス入力)
Source filename ?(バックアップファイル名の入力)
 
または、普通に、
#copy startup-config tftp://[IPアドレス]/[ファイル名]
ってしてもいい。
tftp以外を使うこともできる。
 
また、running-configから直接tftpに送ることも可。
 
 
・バックアップを元に戻すとき(リストア)
#copy tftp startup-config
 
直接running-configにリストアすることも可。
 
 
※工場出荷状態から設定してる場合、VLAN設定を忘れがち。
 VLANのIPアドレスを設定してないと、tftpもtelnetsshも通信できないので注意。
 
 
●再起動(reloadコマンド)
#reload
 
シャットダウンはコマンドではできない。コンセント抜く。
 
 
●初期化
startup-configを削除して再起動する。
#delete nvram:startup-config
#reload
 
※スイッチの場合は、vlan.datも削除する
 
 
●パスワードリカバリの手順
 
1.rommonモードで立ち上げる
起動中、ROMMOM~~~が出てるときにAlt+B
2.レジスタの変更
> confreg 0x2142 (<-もとに戻すときは、0x2102にする)※設定本ではコマンド間違ってる
3.再起動
> reset
 
 
●ショートカットキーとか
 
よく使いそうなのは、
ctrl+a:コマンドの行頭へ移動
ctrl+e:コマンドの行末へ移動
ctrl+u:行の削除
ctrl+z:コンフィグレーションモードから抜ける
 
あとは、| begin とか
 
 
●よく使うグローバルコンフィギュレーション
 
・(config)#no ip domain-lookup
コマンド入力間違いのときとかに、
ドメインとして問い合わせる機能をOFFにする。
 
 
・(config)#enable password [password]
(略記:(config)#en p [password] )
 
これを設定してないと、telnetsshで接続したとき、enableモードに入れない。
 
 
・(config)#username [username] password [password]
(略記:(config)#usern [username] pa [password] )
 
設定してないと、sshで接続できない。
 
 
・(config)#hostname [hostname]
(略記:(config)#ho [hostname])
 
これを設定してないと、認証鍵の生成ができない。
(参照:sshの設定)
 
 
他にもあったら順次更新